本文へ移動

ブログ

ブログ更新しました(子育ては愛情と辛抱と勉強・・・)

2020-11-09
 今朝も元気な声が園庭に響いています。2階のベランダからそっと写真を撮ろうとしていましたが、すぐにみどり組さんに見つかり、「あっ、2階に園長先生がいるよ!園長先生~♡」と、手を振ってくれます。園庭で遊んでいる子ども達に手を振り返しながら、「これが幸せってことだわ~。」と、うれしい気持ちになりました。さて、先週いっしょに幼児教育を学んでいる園へ訪問し、様子を見せてもらう機会がありました。その園でも子ども中心の自律を育てる方針で保育を実践されています。私もとみやまの職員も大変勉強になり、学ばせてもらうことがたくさんあります。しかし、今回はあるクラスの担任の先生が書いてある言葉がとても印象に残りました。保育室の中に「愛情・辛抱・勉強」の文字が書いてあったのです。私たちが日々、子ども達と接していく中で、愛情をもって関わること(愛情)、もちろん子育ては平和な状況ばかりではありませんから、大人がイラッとなったり、待ちきれなくなる場面もたくさんあります。(泣いたり、怒ったり、間違ったり、失敗しながら成長するのが子どもの姿ですものね)そこをグッと負の感情を露わにさせず待つことが二つ目の辛抱でしょうか。3つ目の勉強とは言い換えれば、「こども理解」となります。子どもの成長過程を考え、どのように周囲の大人が接していくか常に学んでいくことです。この3つめの勉強(子ども理解)が一番難しいのですが、一人ひとりの子どもの発達には差がありますし、個性や環境も違っていますから、その子ども自身の姿から私たちが教えてもらうことがたくさんあるのです。子育て中とはいいますが、大人が子どもを育てているだけではなく、子ども達に私たち大人が育ててもらっているんじゃないかと最近私も考えさせられる場面が多くあります。すぐに成長してしまうこの乳幼児期をもう少し丁寧に子どもと関わり、子どもを理解していきたいと改めて強く思いました。(今回のブログは、他の園を訪問して感じたつぶやきでした・・・2つのハート
社会福祉法人宮川福祉会
とみやまこども園
〒703-8262
岡山市中区福泊138-2
TEL:086-277-7662
FAX:086-277-7669
0
6
0
3
8
1